本文へスキップ

熊本市中央区坪井の動物病院。ともだ動物病院です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL..096-343-3026

〒860-0863 熊本県熊本市中央区坪井4-11-30

診療案内medical info

診療科目

腫 瘍 科 
循 環 器 科 
整 形 外 科 
皮 膚 科 
歯   科 
泌 尿 器 科 
婦 人 科 
産   科 
眼   科 
耳 鼻 科
シ ニ ア 科 
消 化 器 科 

眼科

■目の病気について

目の病気の中には、見た目ではわかりにくものもあり、初期症状に臓器の異常が見られることもあります。

 

 

■目の病気の症状

 □ 充血している               □ 目ヤニ、涙がよく出る
 □ 白く濁ってきた              □物によくぶつかる、ふらつく

 □ ちょっとした物音でもビックリする   □ 動くものに反応しない、目で追わない

 □ 階段の昇り降りを怖がる        □ 暗いところを歩きたがらない

 □ まぶしそうにしている          □ よく目を掻く   

■当院での症例(一部)

白内障

水晶体の一部、もしくは全体が濁る病気。進行すると視力が落ち、失明に至ることもある。

先天性のものと後天性の白内障とがあるが、後天性の場合、原因は加齢によるものが多い。進行すると失明に至る場合もあります。

緑内障

緑内障は、眼圧が上がることによって視神経が圧迫され、徐々に視野が欠けていく病気です。

初期には自覚症状がないことが多く、症状が進行してくると、強い痛みやかゆみの他、眼球が大きくなったり、白目に赤みが出たりします。

視覚障害に気づくのは、失明に近くなってからで、元に戻すことができません。

ドライアイ

涙の量が少なくなることによって角膜炎や結膜炎を起こす病気です。涙には角膜保護や感染症を防止する役割があります。そのため、ドライアイになると、眼を守るために大量の眼ヤニが出たり、角膜が傷ついたりすることがあります。

原因はアレルギー、加齢、薬の影響など様々で、はっきりしないこともありますが、一度発症すると長期間の管理が必要になることもあります。

結膜炎

犬の目の病気ではもっともよくみられるもので、まぶたの周囲が痛んだり痒くなったりする痒くなったりする症状が見られます。

その他の病気

緑内障、角膜炎、チェリーアイ、角膜縫合、角膜癒着除去、眼球摘出、眼瞼フラップ、眼瞼切開、眼瞼切除、瞬膜腺突出整復、瞬膜フラップ、瞬膜切除 など

 
このページの先頭へ

tomoda Animal hospitalともだ動物病院

〒860-0863
熊本県熊本市中央区坪井4-11-30
TEL .096-343-3026
FAX 096-343-9022